売上昨対比208%アップ!! EC業務獲得にむけてのポイントを受注事例から紐解く

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、ECへの注目が一層集まっています。

カスタマーリレーション事業本部のECソリューション部は、博報堂プロダクツのEC専門セクションとして様々な取り組みにチャレンジしています。今回はその取り組みの一部をECソリューション部CXデザインチームの小林秀光さんとオペレーションチームの杉山典子さんにお話をお伺いしました。

f:id:hpr_torihara:20210830111557j:plain

左:ECソリューション部CXデザインチーム 小林秀光さん/右:オペレーションチーム 杉山典子さん

今回、EC業務を受注した得意先とその受注背景について

小林: 今回、ECの業務を受注したのが、「ビレロイ&ボッホ」という270年以上の歴史を持つ世界最大級の陶磁器ブランドで、ヨーロッパではどの家庭にも必ず1セットはあるという老舗メーカーです。

f:id:hpr_torihara:20210830111737j:plain

この度ご縁があり何度かやり取りをしていく中で、我々の事業本部にEC専門部隊が立ち上がったタイミングでECサイトのリプレイスの提案をさせていただきました。もともと「ビレロイ&ボッホ」もECサイトはあったのですが、本国からデザインや機能に関していろいろ指摘があったということもあり、デザイン性が高いShopifyを活用したECリプレイスを提案したところすぐに興味をもってもらい、受注に至りました。

 

どのようにECサイト改善をしてきたのか?ECサイト改善時のポイントとは

杉山: リプレイスにあたり、本国からデザイン、機能も含めてとても細かいリクエストがエクセルのリストで膨大にありました。それをひとつひとつクリアしていく必要があったのですが、Shopifyですと、それぞれにアプリの追加機能で対応できるので今回のようなデザイン性を重視する場合にはとても適しています。f:id:hpr_torihara:20210830111806j:plain

Shopifyは、テーマと呼ばれるテンプレートを使いながらカスタマイズしてデザインしていくのですが、そのテンプレートも膨大にあり、備わっている機能も少しずつ異なっていたりします。カスタマイズにはShopify特有の言語がわかる専門のエンジニアが必要になる場合もあります。また、海外のアプリを使う場合はサポートも海外なのでコミュニケーション含めて対応が難しかったり、また組み込まれている機能もある程度実績を積んで理解していないと使いこなすことが難しいものになっています。

従って、今回の業務では実績も豊富でShopify Expertsに認定されている協力機関と協業して進めることで、複雑な仕様や細かい得意先からの要望に対しても十分に対応することができました。

 

小林:今回のECサイトのリプレイス業務では、単にShopifyを使用した構築業務ではなく、ローンチ後もPDCAを回して運用していくための運用プロモーション全体も提案し、実施に至っています。

また、リプレイス時に発生する顧客データの移行やプライバシーポリシーの作成といったコンプライアンス課題にもきちんと対応していきました。そういった細かい部分は、EC構築だけをしている専門会社では対応しきれない部分ではあるので、得意先の信頼も得ることができました。

今回、単純なEC構築だけでなく細かい仕様から運用まで、全体を一気通貫して実施したことにより、リニューアルオープンした月の売り上げは昨対比で208%アップしました。

 f:id:hpr_torihara:20210830111858j:plain

 

今、コロナ禍ということもありECに対しての注目も高いですが、ずはりECサイトの受注を獲得するポイントとは?

小林:得意先が直面している課題は何なのか?これを明確にできないと、クレデンシャルだけの場になりがちです。ECソリューション部では、得意先が持っている課題発掘のために、既存ECサイトを診断し、UIUX改善を行うサービスを提供しています。

これはGoogle Analytics (GA)で見る定量的な数値の変化だけでなく、200項目以上にわたるUI/UXのチェックリストをベースにしたヒューリスティック分析を用いて、現状のECサイトの課題を探っていくものです。

GAだけですと、あるページの離脱率が上がっているのはわかるけれども原因がわかならい。どこが悪さをしているのかわからないので、目視で各サイトをチェックしていくヒューリスティック分析を行い、定量と定性の掛け合わせで見ていくことで、サイトそのものをリプレイスする必要があるのか、それともデザイン改修でいいのか、はたまたプロモーションで運用部分を強化していけばいいのか・・・など、課題が明確にわかるのでそれに即した改善策をとることが可能になります。

今、実際に課題分析から入っている得意先もありますから、こういった形でのドアノックをしていって今後業務を拡大できればと思っております。

 

 

 ECサイトUI/UX改善ソリューション 

《既存ECサイトの診断→改善案のご提案→サイト改修》までをセットにしたソリューションパッケージです。クライアントの現状のECサイトをGoogle Analytics やヒューリスティック分析といった手法で診断し、課題を抽出。これまでのサイト改訂の経緯などもヒアリングしながら、重要度や緊急性といった観点から課題を優先順位付けいたします。TOPページのデザイン変更から、カートのリプレイスまで、クライアントの意向や予算に応じて最適な改善案を提案いたします。

 

  ECスタートアップソリューション 

近年伸長しているECやEC関連市場は、コロナ禍もあり急速に変化しています。

博報堂プロダクツでは、EC事業のスタートアップを検討しているクライアントのお手伝いをいたします。EC事業における課題や将来の展望などはクライアントごとに様々です。大きなシステムやソリューションありきではなく、要望をお伺いしながら各クライアントに寄り添ったサイト構築から運用の提案をいたします。

 

◆本記事へのお問い合わせはこちら