高精細でリッチな体験価値を通じて、企業と視聴者のエンゲージメントを高めるバーチャルイベント・サービス「VIRTUAL EXPERIENCE SPACE」を提供

2022年3月29日

株式会社博報堂プロダクツ

 

高精細でリッチな体験価値を通じて、
企業と視聴者のエンゲージメントを高めるバーチャルイベント・サービス
「VIRTUAL EXPERIENCE SPACE」を提供

 

総合制作事業会社の株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 岸 直彦)は、活況を呈するバーチャルイベント市場において、最新のゲーム開発エンジンを活用することで、イベントを主催する企業と視聴者のエンゲージメントをさらに高めることができる、バーチャルイベント・サービス「VIRTUAL EXPERIENCE SPACE」を開発・提供しました。

 

 

これまで数々のバーチャルイベントが国内外において開催されてきました。時間や距離などの物理的制約にとらわれないバーチャルイベントは新しいマーケティングツールとして、その存在感を高めてきました。一方でバーチャル空間であるがゆえ「体験空間の精度」についてはリアルには遠く及ばないのが現状でした。また、当社自主調査によると、企業担当者の4割が「自社製品・サービスのリアリティ感、クオリティ感が伝わりづらいと感じる」と答えています。

 

この度開発した、本サービスは最先端のゲームエンジンが提供する、美しい3Dグラフィックによって描かれた、リアリティあふれる3DCG(VR)空間を作り出すことを可能にしました。さらに、一般的に普及しているPCやスマホ上で動かすことにより、自宅やオフィスにいながら気軽に参加・体験できる最新のシステムです。本VR空間は既存素材が全く無い、ゼロベースからの開発が可能であり、さらに自由にカスタムすることができるため、製品やサービスに合わせたUXや演出を自在に実装することが可能です。ユーザーはその空間を能動的に回遊し、好みのコンテンツを体験したり、複数参加型のカンファレンスから面談・商談など、各種チャット機能を通じて双方向のコミュニケーションをすることが可能になっています。

 

■主なサポート機能

再現性の高いコンテンツ体験に加えて、下記のコミュニケーションツール等を活用いただくことで、双方向性の高いやり取りを実現し、深い商品理解や顧客化に向けたさまざまなアクション(資料請求や購入検討など)につなげていくことが可能です。

 

  1. コミュニケーション・アバター機能:これまでのような平面的なアバターではなく、立体的で、かつさまざまな動きに対応できるコントローラー機能により、さらに没入感の高い体験を促すことができます。

  2. セールスサポート(スタッフ対応)機能:アバターが接客・商品説明ができる機能を搭載させることで、よりリアルに近いコミュニケーションを通じた、ホスピタリティあるサービスを実装させることが可能です。

  3. 集客・回遊コンテンツのご提供:ユーザー登録の拡大や、ユーザーを長く滞在・回遊させる仕掛けとして、VR空間だからこそできる企画も拡張していくことが可能です。オープンにもクローズドでもアクセス制限ができるため、限定特典や、インセンティブなどに活用いただけます。

 

 

具体的な適用分野について(一例)

  1. インナー向け:社内ミーティングから、ステークホルダーや関係会社とのコミュニケーションツールとしてご活用いただけます。
    さらに、社内コミュニケーションの活性化を目的とした「バーチャルオフィス」の構築にも最適です。

  2. パブリック向け:記者発表会や半常設のプレスルームなどの構築に活用いただけます。

  3. お客さま向け:体験価値を高めたバーチャル・ショールームの機能や、それに伴う販売支援、ディーラーへの送客から、購入意志決定までをワンストップで提供することが可能です。

 

 

博報堂プロダクツは今後も、バーチャルイベントにおけるリッチな体験価値の提供を通じて、参加者とのエンゲージメントを高めることで、DX時代の新しい前例をつくり、企業のさらなる成長に寄与してまいります。

 

 

参考調査記事:

 

 

※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
※ この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。

 

 

f:id:hpr_torihara:20211129140836p:plain



本件に関するお問合せ
博報堂プロダクツ 広報部 齊藤・内田
TEL:03-5144-7228
MAIL:hp.koho@hakuhodo.co.jp