ブロックチェーン技術を活用した模倣品対策「du-al.io™」提供開始 - リアルとデジタルの統合真贋判定で企業ブランドと消費者の信頼を守る -

2022年7月20日
株式会社 博報堂プロダクツ

 

ブロックチェーン技術を活用した模倣品対策「du-al.io™」提供開始

- リアルとデジタルの統合真贋判定で企業ブランドと消費者の信頼を守る -

 

総合制作事業会社の株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 岸直彦)と株式会社メディコム・トイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 赤司竜彦)は、安全性の高いNFC(Near Field Communication)とブロックチェーン技術NFT(Non-Fungible Token)を活用した、リアルとデジタルの統合真贋判定によって企業ブランドと消費者の信頼を守る模倣品対策ソリューション「du-al.io(デュアルドットアイオー)™」の提供を開始いたします。

 

近年、品質・耐久性が劣る模倣品の氾濫によって、企業側の市場損失、ブランド毀損といった経営リスクに加え、消費者側の安全に深刻な影響を与えるケースが後を絶ちません。EC市場の拡大に伴い、模倣品被害はあらゆる業種・業界に及び、模倣技術や手法の高度化により、ECサイトや量販店において正規品と誤認して購入する消費者も増える中、リアルとデジタル双方での統合的な解決策が求められています。これらの課題に応えるために、NFC技術とNFT技術を組み合わせることで、その商品が本物であるかを企業と消費者が、リアルとデジタル双方で検証することができる、模倣品対策ソリューション「du-al.io™」(特許出願中※1)を開発いたしました。


「du-al.io™」は、最先端のアートとTOYを世界へ発信し続けるメディコム・トイ社監修のもと、博報堂プロダクツの制作実施力に、シンギュラネット社が提供するNFT技術を掛け合わせ、一般社団法人JCBIが支援するグローバルパブリックブロックチェーン「Content-Ethereum(※2)」上で開発いたしました。コレクション性の高い玩具やアートはもちろん、模倣品が多く出回る高級アパレル・時計・アクセサリー、高性能なスポーツ用品・アウトドア用品など、幅広い商材にご活用いただくことで、企業と消費者の信頼を守ることをめざします。

また「du-al.io™」の搭載事例第一弾となるメディコム・トイの「BE@BRICK(ベアブリック)」を、2022年7月23日より開催するMEDICOM TOY EXHIBITION '22にて発表いたします。

 

模倣品対策ソリューション「du-al.io™」(特許出願中 ※)について

「du-al.io™」は、リアルの製品にかざすだけでデータ通信が可能な安全性の高い「NFC(Near Field Communication)」と、ブロックチェーン上に記録され、改竄されない「NFT(Non-Fungible Token)」を連携させた、模倣品対策ソリューションです。商品に付属するNFCタグを読み取るだけで真贋判定ができ、唯一無二の価値をもつ正規品であることを証明できます。また、入手した製品の所有情報がギャランティーカードとしてブロックチェーン上で管理されるため、ユーザーは「du-al.io™」のWebサービスページ内でギャランティーカードを確認することができ、NFCタグを読み取ることでギャランティーカードの譲渡も可能です。さらに、商品の所有数に応じたランキング表示、各種限定イベントへの参加権や限定グッズ購入権、NFT所有者限定サービスの提供など、企業とファンのエンゲージメントを強化するプラットフォームとして「du-al.io™」は、今後もさらに機能を拡張してまいります。博報堂プロダクツは「du-al.io™」を通じて、DX時代の新しい前例をつくり、企業のさらなる成長に貢献いたします。

 

「du-al.io™」は、博報堂プロダクツが加入するメディア・コンテンツ業界 DX 推進コンソーシアム団体である一般社団法人JCBI(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ)が支援するグローバルパブリックブロックチェーン「Content-Ethereum」(※2)上で開発した特許出願中の独自技術です。

 

MEDICOM TOY EXHIBITION '22」概要
会場:スペース オー[表参道ヒルズ 本館地下 3階]

場所:東京都渋谷区神宮前4-12-10

期間:2022年7月23日(土)~ 2022年7月28日(木)※会期中無休

開場時間:11:00~21:00 (7月24日は20:00まで)

入場料:無料

※詳細はメディコム・トイ企業サイトにてご確認くださいませ。


※1:「du-al.io™」の機能として搭載されている、NFTとして実装されたギャランティーカードの譲渡時に、受側が受取を承認し、商品に付属したNFCタグをスマートフォンで読み込む事で譲渡が完了する仕組みについては、特許出願中です。

※2:Content-Ethereumとは、電力を過剰に浪費するマイニングが不要で環境にやさしく、かつ、資金決済法に規定されるような暗号資産の発行も無く、コミュニティによるガバナンスをもち、ガス代不要で無償で利用できるパブリックブロックチェーンです。

 

<各社概要>

株式会社メディコム・トイ

・名称:株式会社メディコム・トイ(http://www.medicomtoy.co.jp/

・代表者:代表取締役 赤司竜彦

・所在地:東京都渋谷区上原3-22-5

・設立:1996年6月

・業務内容:玩具企画製造販売 他

 

シンギュラネット株式会社

・名称: SingulaNet株式会社(https://singulanet.net/company/

・代表者: 代表取締役 町浩二

・所在地:東京都港区元麻布3-1-6

・設立:2019年6月

・業務内容:エンターテインメントD2Cメディア事業開発

※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。
※ この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。

 

以上

 

 

f:id:hpr_torihara:20211129140836p:plain



本件に関するお問合せ
博報堂プロダクツ 広報部 坂場・兵頭
TEL:03-5144-7228
MAIL:hp.koho@hakuhodo.co.jp