博報堂プロダクツ、新たな体験価値創出に向けた、次世代型ライブ配信スタジオ「TOYOSTREAM」を豊洲本社内に開設

2021年11月1日

株式会社博報堂プロダクツ

 

総合制作事業会社の株式会社博報堂プロダクツ(本社:東京都江東区、代表取締役社長 岸 直彦)は、2021年11月8日(月)に、豊洲本社内に次世代型のライブ配信スタジオ「TOYOSTREAM」を開設いたします。

 

f:id:hpr_sugiyama:20211030003714j:plain

 

■開設の背景

 これまでのオンラインイベントは、コロナ禍による人と人との接触を避けるための緊急措置的な対応として、リアルイベントの代替手段の位置づけとなっていました。 

しかし、オンラインイベントならではの「時間的、距離的な制約を受けることなく、自在に開催できる」というメリットや、「オンラインならではの演出の多様性」など、独自の価値に注目が寄せられるようになってきました。 

そして、今後コロナが収束したとしても、このオンラインイベントの提供価値は褪せることなく、むしろリアルイベントとの融合を軸に、次の時代に向けて顧客の体験価値を高めていくことができる取り組みの、中心的役割が期待されるようになってきました。 

 

その流れにいち早く対応するために、博報堂プロダクツは本ライブ配信スタジオを、単なるコロナ禍対策の暫定拠点ではなく、今後の顧客体験価値をさらに増幅させるための重要拠点として開設いたしました。 これまでにない最先端の設備と、総合制作事業会社ならではのクリエイティブとオペレーション機能を兼ね備えた、これからの「体験価値創出プラットフォーム」の主流を担う、次世代型のライブ配信スタジオとして多くの方々にご利用いただきたいと考えております。

 

■特徴

社内のさまざまなクリエーターによる背景CGデザインのクリエイティブ力や、ライブ映像配信チームによる安定したテクニカルサポート力、リアルイベントの豊富な実績を備えたイベント専門チームによる確かな演出力、そして博報堂プロダクツの12の専門領域のプロの知見と経験を掛け合わせ、様々なクライアントのニーズに応えた新たなオンラインライブ配信の拠点として活動してまいります。

 

【主な提供機能】

・スライド/カメラ/ムービなど複数の映像ソースを柔軟に組み合わせた絵作り。

・寄り/引きなどの複数カメラソースとグリーンバック合成。

・エンコーダーを使用した各主要配信プラットフォームへの高画質配信。

・幕間でモーショングラフィックスを用いたアニメーション切り替え

・チャットやSNSのコメントをリアルタイムで表示する演出

・プロンプター

 

【主な利用シーン】

・各種セミナー・シンポジウム

・株主総会

・社内研修/セミナー/方針説明会

・入社式/採用説明会

・プレスリリース動画収録 など。

 

【施設概要】

・施設総面積:260㎡

・主要施設:

 -天高:2.8m

 -スタジオスペース80㎡

 -ホワイエ:60㎡

 -オペレーションスペース:50㎡

 -控室:30㎡

 -倉庫:40㎡

 

f:id:hpr_sugiyama:20211029161409p:plain

【スタジオ内部】

 

f:id:hpr_sugiyama:20211029161415p:plain

【オペレーションルーム】

 

f:id:hpr_sugiyama:20211029161422p:plain

【ホワイエ】

 

f:id:hpr_sugiyama:20211029161427p:plain

【控室】

 

 

※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。

※ この情報は発表日現在の情報です。検索日と異なる可能性がございますのであらかじめご了承ください。

※ 画面写真データ等ご用意いたしております。お気軽にお問い合わせください。

 

 

以上

f:id:hpr_sugiyama:20200330181208p:plain

 

 

本件に関するお問合せ
博報堂プロダクツ 広報部 内田
TEL:03-5144-7228
MAIL:hp.koho@hakuhodo.co.jp