PROFESSIONAL

この仕事には、言葉では表せない達成感がある

店頭プロデュース職
川上 直輝
店頭プロデュース職 | 川上 直輝
店頭プロデュース職
川上 直輝

入社前の不安を吹き飛ばしてくれた、よく風が通る社風

僕が博報堂プロダクツに入社したのは、2017年のことです。7年ほど量販店で接客業を経験し、そこで得た知見を活かしたい、ステップアップしたいと、リテールプロモーション事業本部を志望しました。もちろん、他業種からの転職なので、やる気と同じくらい不安もありました。けれど、先輩や後輩との距離が近くて、上司の方も垣根なく接してくださって。そんな風通しの良さにどんどん惹かれる自分がいました。

いざ入社してみると、社内研修も充実していて、トレーナーの方が手取り足取り教えてくださいました。不安はすぐに消え去って、残ったのはもうやる気だけ。得意先の方から一日も早く信頼され、より多くのご指名をいただけるように励んでいます。

「ありがとう」の先に明日の自分がいる

主なクライアントはインターネット関連企業やそのパートナー企業で、什器のプランニングや物流、施工管理や問い合わせ対応を行っています。案件も複数にわたってきますので、メモを取ることは欠かしません。次のアクションを起こすときにミスや事故を防ぐため、メモってあとあとすごく役立つんです。プロフェッショナルとして大切にしていることのひとつですね。

昨年、コールセンターで働くスタッフ向けの研修を企画・実施する案件がありました。クライアントの要望をしっかり伺って、チーム内で毎日のように企画を練って。怒涛のような日々でした。苦労したぶん、研修の成果が出ていることを知ったときは、言葉では表せない達成感がありました。

一方、モチベーションの源は言葉なんです。クライアントの偉い方や、あるいは現場のスタッフの方々がかけてくださる言葉――「ありがとう」「助かったよ」。そんな感謝の言葉が、明日の僕の活力になるんです。


Schedule

  1. 09:00
    09:00 昨日の振り返りと今日のタスク管理で視界良好! | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    09:00
    昨日の振り返りと
    今日のタスク管理で視界良好!
    自宅を出発。出勤途中に今日のタスクをチェック。一方で、得意先とのやり取りが専用のチャットベースなので、前日に見落としがないか確認します。
  2. 10:00
    10:00 タスクの優先順位に沿って業務スタート | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    10:00
    タスクの優先順位に
    沿って業務スタート
    席に着くころには、今日のタスクの優先順位を付けておきます。優先すべきものから業務開始。得意先や社内の打ち合わせが入ることも多いので、その準備も進めます。
  3. 12:30
    12:30 後半戦に備えてランチでチャージ! | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    12:30
    後半戦に備えて
    ランチでチャージ!
    業務がひと段落したらランチへ。食べる店や場所はまちまちですが、一日の後半戦に備えて、きちんとモリモリ食べるようにしています。
  4. 14:00
    14:00 得意先との打ち合わせ前に、市場リサーチでスキルアップ! | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    14:00
    得意先との打ち合わせ前に、
    市場リサーチでスキルアップ!
    午後からは得意先との打ち合わせに出発。なるべく早めに伺い、入念に準備をします。時間があれば、近くの店舗に立ち寄って気になる什器をチェックします。
  5. 16:00
    16:00 得意先との定例会で次週へのアクションを確認 | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    16:00
    得意先との定例会で
    次週へのアクションを確認
    得意先との打ち合わせには、週1の定例会がいくつかあります。その場では前週の振り返りをするとともに、次週へのアクションを確認します。
  6. 18:00
    18:00 帰社後は残りの業務。今日の仕事は今日中に! | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    18:00
    帰社後は残りの業務。
    今日の仕事は今日中に!
    定例会後に帰社。デスクに戻って残りの業務に取り掛かります。業務はなるべく翌日に残したくないタイプ。できる限り、「今日の仕事は今日中に」を心がけています。
  7. 20:00
    20:00 「お疲れさま」同僚と労をねぎらって終わる一日 | 川上 直輝 店頭プロデュース職
    20:00
    「お疲れさま」
    同僚と労をねぎらって終わる一日
    帰宅もしくは同僚と夕ご飯へ。堅苦しい話題は抜きにして、日々の業務の苦労話などをしながら、その日の労をねぎらい合います。

Other Professional