PRO ✕ PRO

クリエイティブディレクター
プロダクトデザイナー

クリエイティブディレクター ✕ プロダクトデザイナー
クリエイティブディレクター ✕ プロダクトデザイナー

内田:伊藤さんはコピーライターですよね。でも今は、クリエイティブとテクノロジーを掛け算してアウトプットをつくる「クリエイティブ・テクノロジー部 ウラワザ」の部長でもある。コピーライティングと無関係な、そういう部署をよく立ち上げましたよね。

伊藤:僕らが広告業界に入った十数年前に比べて、今はメディアが多様になり、ITやAIがすごく進歩してやれることが変わってきたので、そういう時代に合わせて自分ができることを変えていった結果なんです。内田さんも、広告会社のプロダクトデザイナーだけど、フィギュアをデザインして売り込みを掛けちゃうとか、二人とも何かおもしろいことを考えるのが好きですよね。

クリエイティブディレクター ✕ プロダクトデザイナー 対談画像

つくりたいものを仕事にする、掛け算のプロジェクト

内田:伊藤さんは新しい体験・装置みたいなことをやりたい。僕は純粋にモノをつくりたい。そこの違いはあるけれど、業務として与えられなくても新しいものをつくりたい、おもしろいことをやりたいというところが共通で、二人でプロジェクトを立ち上げようということになりました。伊藤さんのウラワザと僕のプレミアム事業本部で、掛け算をプロジェクト化して大きな力を生み出そうみたいな試みです。

伊藤:試作品としてリードスイッチをつくったけれど、2つをくっつけると通電して光るんですよ。これはプレミアムにもなるけれど、体験イベントでも使えますよね。技術的な裏付けがあって発想の引き出しになるようなプロトタイプを、カタログ的にストックしていきたいと思っています。そうすれば、案件に合わせて提案して、発注があれば納品までの時間を短縮できます。そして、自分たちのつくりたいものを仕事にするという環境に近づけていけるんじゃないかと思っているんです。

クリエイティブディレクター ✕ プロダクトデザイナー 対談画像

メーカーとは違う、広告のモノづくり

内田:お互いの部署に色々やってみたい若い世代も多いし、プロジェクトはそういう有志の活動なんですけれど、普通の会社ではなかなかできないかもしれないですね。業務に繋がるところで、事業部の垣根を自由に超えて掛け算するってあまりない気がします。会社自体がそういうことを積極的にやりなさいという方針なのがいいんでしょうね。

伊藤:メーカーの専門性と違うからですよね。広告のモノづくりだから。僕らの場合は、モノづくりが目的ではなく、アウトプットによって生活者が動いてくれることが目的。そのためのアイデアであり、モノづくりなんですよね。だから、生活者がいいと思ってくれて動いてくれるのがプロジェクションマッピングなのか、フィギュアなのか、その時々の案件で最適なものを出すために掛け算が必要だし、個人のスキルにも柔軟な広がりが求められるんだと思います。

クリエイティブディレクター ✕ プロダクトデザイナー 対談画像

これからは異なるジャンルからの発想力

伊藤:今年、コピーライター職で入社の人がいて、美大の造形学科卒でずっとプロダクトデザインをやっていたんだけれど、おもしろいんですよ。どちらかというと自分はデザインよりも企画立案が好きなんじゃないかと思って入社を希望したって。
部内には、コピーライター職でグラフィックデザイン学科卒もいるし、芸大の音楽科卒もいます。これからの時代は、コピーがベースにあって、そこから建築的な発想とか音楽的な発想でアイデアを広げていくほうが強いと思うんですよ。
色々なことを自分の手でやりたいとすごく勉強した3年目の人がいるんですね。経費で社外の研修にどんどん行っていいよって言っていたら、入社時にはIllustratorとPhotoshopしか使えなかったのに、今ではウェブサービスのツールを使ってアプリを構築できるようになりました。しかも彼の好きな食文化のトピックからアイデアを広げていて、こういう発想と制作はテクノロジーだけの知見ではできないんですよね。

一緒に完成させる。だからスキルが上がる。

内田:ウラワザの仕事には僕らの部署も刺激を受けていて、だからこそ掛け算することで制作の幅が格段に広がるだろうと思っています。“こしらえる”会社だから、色んな部署の専門性と協業して一つのものをつくりますよね。自分のスキルや幅を広げるにはいい会社だと思います。

伊藤:相当いいと思います。僕は実際につくってアウトプットとして完成させることができる点が大きいと思っています。3Dプリンターでこんなものがつくれると理屈ではわかるけれど、実際につくってみると全然違うんですよね。やったことがあるかないかが、今後大きな差になってくると思います。

内田:完成まで着地させることで蓄積されるものがすごくありますね。スキルと知見というか。かたちになったものから自分たちに新たな力が返ってくる感じ。

伊藤:さっき話に出した3年目の彼を見ていて思ったのは、やっぱり人はチャンスを与えられることで成長するんだなと。実際に自分の企画をかたちにするとなると、色んな苦労があるじゃないですか。その経験を経てどんどん成長していくものなんだなと、すごく思ったんですよ。これからも、新しく入ってきた人にチャレンジする機会をつくってあげたいなと思います。同時に、僕の成長も止まらないように、世の中の早い流れについていかなくちゃと思いますけれどね(笑)。


Other PRO×PRO