角田 和樹
NAME

角田 和樹(つのだ かずき)

OCCUPATION

プロモーションプロデュース職

プロモーションプロデュース職
  • 主にプロモーション領域の多種多様な施策を統括、推進
  • 得意先の課題解決に向け、コストやスケジュールを管理しながら多彩なスタッフをリード
  • 得意先を熟知し、得意先以上に得意先について考えることも重要な仕事
DIVISION

プロモーションプロデュース事業本部

NAME

角田 和樹(つのだ かずき)

ABOUT JOB
  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    1つは、自分の携わった仕事を地方にいる家族に届けられると思ったから。もう1つは若手のうちから活躍できる風土があると感じたからです。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    得意先の課題に対してどのような企画が必要なのかを考えて専門スタッフをリードしていきます。スケジュールや予算の調整力から、得意先内に入り込む人間力も求められる仕事です。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    イベントやキャンペーンをはじめ、自分たちが仕掛けたコミュニケーションで、生活者が動いたり、モノが売れる瞬間を見たとき、一番やりがいを感じます。
角田 和樹
PROMOTION PRODUCER / 角田 和樹

逆面接

  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    私は地方出身で、大学卒業後は地元に戻るつもりでしたが、いろいろ考えた末に東京で働く道を選びました。その中でプロダクツを選んだ理由は2つあり、1つは自分の携わった仕事を地方にいる家族に届けられる可能性を感じたこと。もう1つは若手のうちから活躍できる風土があると思ったからです。事実、若手のうちからフロントに立って仕事をする機会が多く、全国規模の案件をリードする仕事もたくさんあるので、東京に残ってよかったと思っています。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    得意先から最初に話をもらうのがプロモーションプロデューサー(営業)です。課題に対してどのような企画が必要なのかを考えながら、業務の入り口から出口までの全体設計を行い、専門スタッフをアサインしながらリードしていきます。企画のクオリティ管理はもちろん、スケジュール調整や予算管理なども重要な仕事です。得意先から情報を入手して業務を拡大していくという視点も重要なので、コミュニケーション力や人間力も必要だと思います。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    自分が携わった仕事で、生活者が動く瞬間を目の当たりにするときが一番やりがいを感じます。例えば、イベント施策を実施した際に現場でたくさんの人々が楽しんでいる様子を見たときや、セールスキャンペーンを企画した際に店頭に行列ができたときなどです。自分たちが仕掛けたコミュニケーションで生活者が動いたり、モノが売れる瞬間を見ると、苦労や疲れが吹き飛ぶような感覚を味わえます。
  4. Q4
    一日のスケジュールと協業している人を教えてください。
    10時ごろに出社し、午前中は得意先から届いているメールへの対応や、午後の打ち合わせに向けての資料作成などを行います。昼食をはさんだ後、得意先とディスカッションのために外出。帰社後はクリエイティブチームやWebチームなどとの打ち合わせにより、慌ただしく時間が過ぎていきます。席に戻ってからはメールの確認や会社へ提出する資料の作成、翌日の準備などを行い、20時ごろ退社します。
  5. Q5
    仕事のモチベーションアップアイテムを教えてください。
    以前所属していたチームの上司から、異動の際にいただいた一通の手紙です。入社3年目から丸5年間お世話になった上司で、プロモーションプロデューサー(営業)としての基本スキルを徹底的に教えていただきました。ようやく1人前になり始めたころの異動だったので、私自身戸惑っていたのですが、この手紙は次へ向かうためのエネルギーをくれました。今でも時々読み返しては、モチベーションを高めています。
  6. Q6
    あなたの仕事を象徴する、こだわりのモノ・コト・トキは?
    昨年開催された「P-FES」の、事業本部対抗リレーに参加したときの写真です。「P-FES」とは、社員はもちろん、その家族や、協力機関の人たちを招いて行う運動会形式のイベントです。私は実行委員でもあったので、本番に向けた告知物の制作や、企画・運営などを社内の若手スタッフとともに行いました。運動会までこしらえてしまうなんて、プロダクツの底力を改めて実感しました。
  7. Q7
    3年後の目標は?
    ひとつのチームを任される立場になって、業務の拡大と人材育成の両軸でリーダーシップを発揮できるようになっていたいです。そのために、自分自身のビジネススキルを高めていくことはもちろんなのですが、チーム全体を幅広く見る力もより強化していく必要があると考えています。「角田のチームは、楽しそう!成長できる!」と思われるために、魅力的なリーダーになることが目標で、若手と一緒に会社を盛り上げていきたいです。
  8. Q8
    今、ハマっていることや休日の過ごし方を教えてください。
    博報堂剣道部に所属しており、年に2回開催される大きな実業団大会に向けて、週末汗を流しています。私自身25年間剣道を続けているので、ある意味生活の一部のような感覚です。練習によって精神的にも体力的にも充実しますが、何より社内外の人脈が広がることが一番の収穫になっていると思います。博報堂メディアパートナーズや読売広告社など、さまざまな会社の方が所属していますので、業務だけでは広がらない部分を剣道に助けてもらっています。
  9. Q9
    就職活動をしていた頃の自分へ、今アドバイスをするとしたら?
    時間がたくさんあるのだから、いろいろな経験をしてください。プロモーションプロデューサー(営業)に必要な能力として「雑談力」というものがありますが、これは話の引き出しの多さが重要で、まさに経験がモノをいうスキルです。得意先との雑談から、重要な情報を得られることや新しい業務をもらうこともあるので、留学でも何でもやって経験を積んでほしいと思います。そうすれば自然と人間力も高くなっていき、人脈も広がっていくはずですから。
逆GD GROUP DISCUSSION

プロモーションプロデュース職

採用情報
応募資格

2017年4月〜2018年3月に4年制大学卒業見込み、または大学院修了見込みで就業経験のない方

エントリー締切日時
5月14日 (日) 23:59まで
エントリー提出物

下記1点を提出し、エントリー完了となります。

  • Webエントリーシート
勤務地
東京/大阪/名古屋 より希望勤務地をお選び頂けます。
会社説明会

※ご予約は「ENTRY」ボタンをクリックしご登録の上、お願いいたします。
※予約申込期間は各説明会によって異なりますのでご注意ください。

  • 【開催日時】3月16日 (木) 11:00-12:00
  • 【申込期間】3月1日 (水) ~ 3月10日 (金)
  • 【開催日時】3月27日 (月) 11:00-12:00
  • 【申込期間】3月13日 (月) ~ 3月21日 (火)
  • 【開催日時】4月26日 (水) 15:00-16:00
  • 【申込期間】3月13日 (月) ~ 4月21日 (金)
ENTRY
TOP