上田 奈穂
NAME

上田 奈穂(うえだ なほ)

OCCUPATION

店頭プランニング職

店頭プランニング職
  • 店頭プロモーション(販売促進)における得意先の課題を正確に把握し、解決策を構築
  • 生活者データベース群や売上、購買履歴などの様々なデータを駆使して販売仮説を立案
  • 店頭の商流や商習慣に精通し、成果をもたらす「売れる売り場」を実現
DIVISION

店頭プロモーション事業本部

NAME

上田 奈穂(うえだ なほ)

ABOUT JOB
  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    プロを目指せる会社だから。プロダクツは職種別採用なので、入社時から"その道のプロ"を目指して働くことができます。志を同じくプロを目指す同期がたくさんいるのも魅力。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    博報堂が持つ膨大な生活者データを元にした「売れる売り場」の"企画"から、プロダクツ内の他事業本部と連携した売場づくりの"実施"まで一貫して行っています。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    店頭のどのような場所で、何と一緒に売るか、どのような訴求をするか。"買い物したくなる売り場"を考え、その結果として売りたい商品が売れたとき。
上田 奈穂
IN-STORE PLANNER / 上田 奈穂

逆面接

  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    プロを目指せる会社だから。プロダクツは職種別採用なので、入社時から"その道のプロ"を目指して働くことができます。また、一緒に入社する同期がそれぞれ全く違う職種でプロを目指すという社内環境もプロダクツの魅力ではないでしょうか。プロデューサーやデザイナー、コピーライターなど、それぞれがプロを目指し、切磋琢磨できる同期は大切な存在です。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    売り場の企画を考えるところから、売り場スタッフの手配、売り場作りまで、店頭のあらゆることに関わっています。例えば、化粧品の売り場をつくるとき、「親子で化粧品の買い物をする人が多い」というデータがあったとすると、「ママにささる訴求」という企画を得意先に提案し、流通と一緒に実施まで行います。店頭プロモーション事業本部では、博報堂が持つ膨大な生活者データを元にした「売れる売り場」の"企画"から、プロダクツ内の他事業本部と連携した"実施"まで一貫して行っています。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    売りたい商品が売れたとき。今までどんな広告プロモーションをしても売れなかった商品が、売り場作りを少し変えただけで売れることもあります。店頭のどのような場所で、何と一緒に売るか、どのような訴求をするか。"買い物したくなる売り場"を考えることは、とてもやりがいがあります。さらに、「買う」立場の人だけでなく、得意先や流通など「売る」立場の人がどのようにすれば売ってくれるのか。そこまで考え、売り上げという成果を得られたときは、やりがいと達成感を感じます。
  4. Q4
    一日のスケジュールと協業している人を教えてください。
    9時30分に出社後、メールチェック。プロモーションプロデュース職(営業職)の担当から資料作成の依頼を受け、同じチームの店頭プランナーの先輩に企画書や報告書の進捗を共有。社内打ち合わせは、担当案件の関係資料を見ながら“イドバタ(フリースペース)“で話し合い。企画の方向性、作業の分担を確認。午後のブレストでは、企画のアイデアシートを持ちよって打ち合わせ。同じ企画を担当するプロモーションプロデュース職と一緒に、担当商品の売場を視察後、デスクに戻り資料検索、作成。日にもよりますが18時頃に退社します。
  5. Q5
    仕事のモチベーションアップアイテムを教えてください。
    仕事のモチベーションを上げてくれるのは、この手帳です。2年ほど愛用していて、いつも持ち歩いています。中身はバーチカル仕様になっていて、1日のスケジュールを時間単位で書き込め、見やすく、とても便利です。作業が多い日は付箋にto doリストを書いて、貼り付けて使っています。
  6. Q6
    あなたの仕事を象徴する、こだわりのモノ・コト・トキは?
    企画書や報告書を作るにあたって、"現場"を見に行くことを重視しています。自分が売り込みたい商品や競合商品がどのような売場を作っているのか、実際に現場に足を運んで確かめることで、企画が机上の空論にならないよう心がけています。人々の暮らしが日々変化していくのに合わせて、買い物の方法や文化も変わっていくと思います。自分が一生活者として"その売り場で買い物したいか"という視点を忘れずに知見を深めていきたいです。
  7. Q7
    3年後の目標は?
    店頭の"仕組み"に詳しくなること。メーカーと店舗の商品陳列の交渉や店頭の品出しなど"売場に商品が並ぶ"ための作業もとても大切で、このような作業をする人々を管理・プロデュースする仕事も店頭プロモーションの領域になります。まだ入社してからの年次は浅いですが、これから更に"売り場作り"についての知見を深め、流通提案に強い店頭プランナーになりたいです。
  8. Q8
    今、ハマっていることや休日の過ごし方を教えてください。
    幼い頃から音楽が好きで、大学時代はアカペラサークルに所属し、練習の日々を過ごしていました。音楽を好きになったきっかけが、実家にあるこのエレクトーンです。この楽器の面白いところは、鍵盤が2段と足鍵盤があるところ、様々な音とリズムで音楽を自由に作れるところで、非常に奥が深い楽器です。先日帰省した際に久々に弾いてみると、改めて音楽の楽しさを感じました。これからはもっと趣味を広げたいので、"アーティストライブ"にも行きたいと思います。
  9. Q9
    就職活動をしていた頃の自分へ、今アドバイスをするとしたら?
    様々な業界、会社で働いている先輩から“仕事現場”の話を聞くこと。就職活動中にもっと多くの先輩とコンタクトをとり、仕事の話を聞いておけばよかったなと思います。例えば、自分が目指しているのが広告業界であったとしても、その仕事を掘り下げた時、関わっているのは広告業界の人だけではありません。店頭プランニングにおいては、流通や人材派遣会社など実際様々な会社の人と関わります。何でも質問できるのは就活生の特権なので、会社だけでなくその仕事分野に対する理解を深めておいた方がよいと思います。
逆GD GROUP DISCUSSION

店頭プランニング職

採用情報
応募資格

2017年4月〜2018年3月に4年制大学卒業見込み、または大学院修了見込みで就業経験のない方

エントリー締切日時
5月21日 (日) 23:59まで
エントリー提出物

下記1点を提出し、エントリー完了となります。

  • Webエントリーシート
会社説明会

※ご予約は「ENTRY」ボタンをクリックしご登録の上、お願いいたします。
※予約申込期間は各説明会によって異なりますのでご注意ください。

  • 【開催日時】3月21日 (火) 15:00-16:00
  • 【申込期間】3月1日 (水) ~ 3月14日 (火)
  • 【開催日時】4月26日 (水) 11:00-12:00
  • 【申込期間】3月13日 (月) ~ 4月21日 (金)
ENTRY
TOP