佐藤 翔平
NAME

佐藤 翔平(さとう しょうへい)

OCCUPATION

プレミアムプロデュース職

プレミアムプロデュース職
  • プレミアム(景品)キャンペーンにおける企画立案、プランニング
  • プレミアムの製作進行管理
  • プレミアムキャンペーンにおける効果検証
DIVISION

プレミアム事業本部

NAME

佐藤 翔平(さとう しょうへい)

ABOUT JOB
  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    「手に職を付けたい」という思いが強くあり、 専門領域が広く、そして深い博報堂プロダクツでなら、 きっと自身の価値を高められる。そう確信したのが入社の決め手でした。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    プレミアム(=キャンペーンの賞品や広告活動で使用されるグッズ)の 企画から、クオリティ管理まで、プレミアムにまつわる キャンペーンの総舵取りを担うのが仕事です。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    海外での得意先開拓を行い、日本企業の海外での活躍をお手伝いできたときは、広告業界を目指した最初の理由にも直結していたため、醍醐味を感じられました。
佐藤 翔平
PREMIUM GIFT PRODUCER / 佐藤 翔平

逆面接

  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    学生時代、留学やインターンで多くの時間を海外で過ごしました。そのうちに、「外から見る日本」という視点が芽生え、日本の製品・サービスは世界に誇れるものばかり。もっとうまく世界に発信していくべきでは?と思うようになり、その手伝いがしたいという思いを「広告」で叶えようと、この業界を目指しました。また、「手に職を付けたい」という思いも強く、専門領域の強い博報堂プロダクツでなら自身の価値を高められると思ったのが入社の決め手です。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    プレミアム(=キャンペーンの賞品や広告活動で使用されるグッズ)の企画から、スケジュール・コスト・クオリティ管理まで、プレミアムにまつわるキャンペーンの総舵取りを担うのがプロデュース職。グッズの多くは中国や他アジア圏で生産するので、現地工場とのやり取りを頻繁に行い、生産のみならず中国からの輸出、日本への輸入まで管理することが基本ミッションです。その他、新規の工場開拓や、展示会での目新しい商材の発掘、現地のクライアント開拓等の役割も担っています。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    最近まで約5年間、中国・香港に駐在し現地の製造管理を担当してきました。やっぱり無事にコンテナの鍵を閉じたときの「いい汗かいた」「なんとか間に合った」など労働者としての喜び、みたいなのはシンプルでやりがいを感じるものでしたね。また、現場で起きた問題を、周りのスタッフたちと一緒にアイデアやコミュニケーションで解決できたときなども。日本企業の海外での活躍をお手伝いできたときは、広告業界を目指した最初の理由にも直結したため、醍醐味を感じられました。
  4. Q4
    一日のスケジュールと協業している人を教えてください。
    9:30 出社。所属チーム会議では、業務進捗状況の共有や報告、面白いアイデアの情報交換などを行います。プロモーションプロデュース事業本部(営業)の担当とプレゼン打合せ後、デスクでアイデア出しと得意先の商品研究。 その後、工場とのskypeミーティング。先輩と昼食をとった後、見積依頼の資料作成、事業本部内打合せ、ブレスト。 赤坂Bizタワーに移動して、博報堂の営業、プロモーションプロデュース事業本部の営業やイベント・スペースプロモーション事業本部の担当と打合せ。得意先FBの回収、次回提案打合せ。サテライトオフィスで作業後、上司と進捗共有をして、20:00頃 帰宅します。
  5. Q5
    仕事のモチベーションアップアイテムを教えてください。
    結婚指輪です。人生、大きな決断をすべき時期がちょいちょいありますが、この結婚もそのひとつでした。今まで趣味ばかりに時間を費やしたり、簡単に海外に移住してみたり、自分のやりたいことばかりやってきましたが、ここ最近ばかりは少し意識が変わった気がします。これまでの、自分のために、単純にこうしたいから、というモチベーションが、常日頃応援してくれる存在のために・・・と変化していて、その象徴がこの指輪だったりするんですよね。
  6. Q6
    あなたの仕事を象徴する、こだわりのモノ・コト・トキは?
    中国の現場での出荷の様子です。出荷前には、果てしない数の検品をこなします。基本的に現場での舵取りは自分一人のことも多く、即断即決が求められます。現場がひとつにまとまる最高の空気感もありますが、アウェイな状況も多々あり、予期せぬ事態が発生して極限に追い込まれるなんてことも。それでもプレミアムグッズは、納期どおりに最高の状態で用意しなければいけません。なので、なんとかなった!という瞬間は最高に気持ちのいいものです。「なんとかする気力」みたいなものも培われました。
  7. Q7
    3年後の目標は?
    3年よりちょっと先のイメージですが、インドなどの新興市場で、大型キャンペーンを打ち上げて成功させたいです。この3年は改めて企画に焦点を当てて知見を広め、プレミアム領域のプロデューサーとして前進すると同時に、せっかく多くの事業本部と各プロフェッショナルを抱えるプロダクツにいるので、それを活かし広告全般の勉強ももう一度したいと思っています。まずは、他部署の方と横断でひとつのキャンペーンを作っていく機会を増やしていきたいです。
  8. Q8
    今、ハマっていることや休日の過ごし方を教えてください。
    日本に戻って間もなく、引越しもようやく終えたところなので、休日は家具探しや材料を買ってきてはDIY等に時間を費やしています。外に出る時は、目新しいスポットなどをブラつくだけで時間がつぶれるのが現状です。香港滞在時はムエタイにハマッていて、休日はジムに通っていました。試合前になると体をかなり絞りこみ、試合翌日は有給を取ります。取らざるを得ない。とりあえず多趣味なので休日は基本何かしら活動しています。
  9. Q9
    就職活動をしていた頃の自分へ、今アドバイスをするとしたら?
    Don't think. FEEL. 直感的な部分で行動していた点はよかったと今でも思います。「絶対にバンドマンになる」と言い切る友人がいる中、「さて、じゃあ俺はどこの環境に身をおくべきか」と考察する指標を、理論ではなく直感に頼った点は良かったよ、と言ってあげたいです。 明確なものではなくとも、心のどこかに「こうありたいな」と思える自分の像があるかと思います。それに近づくための組織や事業がどこにあるか、どんな感じでリンクしそうか、考えるよりはFeelingを優先に。
逆GD GROUP DISCUSSION

プレミアムプロデュース職

採用情報
応募資格

2017年4月〜2018年3月に専門学校または4年制大学卒業見込み、または大学院修了見込みで就業経験のない方

エントリー締切日時
5月15日 (月) 12:00まで
エントリー提出物

下記2点を提出し、エントリー完了となります。

  • Webエントリーシート
  • 自己紹介動画
会社説明会

※ご予約は「ENTRY」ボタンをクリックしご登録の上、お願いいたします。
※予約申込期間は各説明会によって異なりますのでご注意ください。

  • 【開催日時】2017年3月16日 (木) 15:00-16:30
  • 【申込期間】3月1日 (水) ~ 3月10日 (金)
  • 【開催日時】2017年4月21日 (金) 10:30-12:00
  • 【申込期間】3月13日 (月) ~ 4月17日 (月)
ENTRY
TOP