藤岡 晃維
NAME

藤岡 晃維(ふじおか てるゆき)

OCCUPATION

映像コンテンツ制作職

映像コンテンツ制作職
  • 幅広い映像コンテンツの制作。(Webムービー・プロモーションビデオ・VR・店頭ビジョンなど)
  • 企画、プレゼン、撮影、編集、納品という全ての工程をコントロールして品質管理まで行う
  • 適性により、プロデューサー職、ディレクター職がある
DIVISION

映像制作事業本部

NAME

藤岡 晃維(ふじおか てるゆき)

ABOUT JOB
  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    朝は早く、夜も遅いと聞いていた映像業界。大学教授や監督など、映像業界に精通するさまざまな方にも「博報堂プロダクツ」の話を聞き、総合的に判断しました。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    納品までのスケジュール管理や撮影進行など、制作にかかわる人々全員が気持ち良く作業できる環境を整え、映像のクオリティを高めるために尽力する仕事です。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    決められた仕事だけでなく、得意分野を活かして、考えを持つことは大切だと思います。 だからこそ、自分のアイディアを採用してもらえたときに、やりがいを感じます。
藤岡 晃維
IMAGE CONTENT CREATOR / 藤岡 晃維

逆面接

  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    入社を選んだ理由としては、主に給与・福利厚生になります。 学生時代から、映像制作という業界は、朝が早く、夜も遅く帰れないこともよくある聞いていたので、自宅から会社が近いということも、大きな決め手の一つでした。 また、他の映像プロダクションからも内定を頂いておりましたが、私なりに大学の教授や知り合いの監督など、さまざまな人から「映像業界」「博報堂プロダクツ」の話を聞き、総合的に判断して入社を決めました。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    プロダクションマネージャーという役割で、納品までのスケジュール管理・進行、撮影時の細かなケアまで、映像のクオリティに関わる重要な仕事です。 得意先、営業、スタッフ全員が気持ち良く、かつ、クオリティを最大限まで高めた映像をつくれるかはプロダクションマネージャーの腕にかかっていると言っても過言ではありません。また、自分でカメラを回したり、編集を行うことも多々有り、他のプロダクションではなかなかできない経験にも恵まれています。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    自分の考え・意見が採用されたときです。プロダクションマネージャーだからと言って、進行・ケアなどだけを行っていれば良いというわけではありません。監督と一緒に企画や演出プランを考えることもあります。 私自身、編集が得意なので、編集時、カットの繋ぎ方やアニメーションが採用してもらえることもあります。 決められた仕事だけをこなすのではなく、常に自分だったらどうするかを考えながら業務に取り組むようにしています。
  4. Q4
    一日のスケジュールと協業している人を教えてください。
    出社して、まずメールをチェックし、想定している以外に対応すべきことがないかを確認するところから始まります。基本的には各スタッフとのやりとり、資料作成、撮影準備などを行います。案件の内容・進行状況によって、かかわるスタッフも異なり、大規模になるほど、人数も増え、業務内容も複雑で細かくなっていきます。そのため、勤務時間も日によっては早朝から深夜までの時もありますし、お昼から夕方までの場合もあります。
  5. Q5
    仕事のモチベーションアップアイテムを教えてください。
    仕事以外で楽しみを見つけることです。 仕事とプライベートを完全に切り離すことが一番のモチベーションだと思っています。 プライベートでの体験や発見が仕事に活きることもあります。
  6. Q6
    あなたの仕事を象徴する、こだわりのモノ・コト・トキは?
    ノートPCを象徴として選びました。2年前からモバイルPCになったことで豊洲オフィスだけでなく、赤坂オフィスでも作業ができるようになり、より効率的に業務を行えるようになってきました。 また、今まではデータやお戻し待ちなどで、会社に残っていることもありましたが、ノートPCになってからは減っています。今まで以上に効率的・時代にあった働き方で業務を行えるようになってきていると思います。
  7. Q7
    3年後の目標は?
    まだ学ぶことが多く、明確な目標は定めていませんが、実務を経験する中で、プロデューサーとディレクター、両方の視点を持って仕事ができるようになることの重要性を感じています。最近は限られた予算内で、話題になるようなWebムービーをつくりたいというニーズが増えており、少数精鋭でクオリティの高いものがつくれたら、と思うことがあります。 「これだ!」という目標を見つけるまで、精一杯仕事をしていきたいと思います。
  8. Q8
    今、ハマっていることや休日の過ごし方を教えてください。
    小学生の頃から高校生まで劇団に入っていたこともあり、周りに役者をやっている友人が多く、休日はよく舞台を見に行きます。小劇場から商業舞台まで、幅広くみています。 映像と違い、直接お客さんの熱気に触れられる舞台は良い刺激になります。 また、最近はゲームにハマっています。ネットワークを使ったゲームやVRが発売されるなど今後の展開が楽しみです。
  9. Q9
    就職活動をしていた頃の自分へ、今アドバイスをするとしたら?
    就職したからこそ見えてくるものもあるし、しないからこそ見えてくるものがあると思うので、周りの人の意見を参考にしつつも、思い詰めず自分を信じて頑張れ、とアドバイスしたいです。あとは後悔のないように毎日を大切に、一生懸命生きてほしい、と言いたいです。
逆GD GROUP DISCUSSION

映像コンテンツ制作職

採用情報
応募資格

2017年4月~2018年3月に専門学校または4年制大学卒業見込み、または大学院修了見込みで就業経験のない方

エントリー締切日時
5月22日 (月) 12:00まで
エントリー提出物

下記1点を提出し、エントリー完了となります。 ※作品集は任意提出です。

  • Webエントリーシート(必須)
  • 作品集(任意)
会社説明会

※ご予約は「ENTRY」ボタンをクリックしご登録の上、お願いいたします。
※予約申込期間は各説明会によって異なりますのでご注意ください。

  • 【開催日時】2017年3月30日 (木) 13:00-14:00
  • 【申込期間】3月1日 (水) ~ 3月24日 (金)
  • 【開催日時】2017年4月25日 (火) 13:00-14:00
  • 【申込期間】3月13日 (月) ~ 4月17日 (月)
ENTRY
TOP