尹 俊釋
NAME

尹 俊釋(ユン ジュンソク)

OCCUPATION

クリエイティブテクノロジスト職

クリエイティブテクノロジスト職
  • 企画打ち合せ、ブレインストーミングから実施制作、運営、撤収までを遂行
  • テクノロジー、モノづくりの知識と経験を活かし、プロモーションに現実性と納得性を持たせる
  • 得意先だけでなく、制作メンバーの負担も軽減させる素早く効率的な対応力が必要
DIVISION

企画制作事業本部

NAME

尹 俊釋(ユン ジュンソク)

ABOUT JOB
  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    信頼できるプロが多いからです。性格上、あまり人に任せずなんでも自分でやってしまいたいタイプなのですが、実際にプロダクツに入ってからは人と協働する場面が増えました。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    テクノロジーやモノづくりの知識と経験を活かし、アイデアを実現するための仕組みや方法を考えています。メインは制作ですが、ブレストから案件に参加することも多いです。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    どんな案件でも、未だ世の中に無い新しいモノをつくれること。さらに、実際に現場で得意先の喜ぶ姿を見ることができたときは、最高です。
尹 俊釋
CREATIVE TECHNOLOGIST / 尹 俊釋

逆面接

  1. Q1
    博報堂プロダクツを選んだ理由(入社の決め手)は?
    信頼できるプロが多いからです。僕は性格上、あまり人に任せずなんでも自分でやってしまいたいタイプの人間なのですが、プロダクツに入ってからは、人に頼る場面が増えました。イベントプロデューサーや、デザイナーなど、いろいろな人と恊働して、とても満足のいく結果を出すことができたのがきっかけです。プロダクツには、それだけお互いの専門領域を任せられるプロが多いということだと思います。また、いろんな得意先がいて、いろんな希望があるということも魅力の一つだと思います。
  2. Q2
    あなたの職種ってどんな仕事?
    いろんなアイデアが出てくる中で、テクノロジーやモノづくりの知識と経験を活かし、実現できそうな仕組みをその場で考え、実現可能性を判断したり、より良い方法やアイデアはないかを考えたりしています。メインの仕事は制作になりますが、ブレストの段階から参加することも多いです。また、提案時には仕組みやおおまかな設計図もつくりますし、実施時の実制作、設営、運用メンテナンスや撤収も行います。制作メンバーの負担を軽減させるためにも、素早く効率的な対応力が必要になります。
  3. Q3
    いちばんやりがいを感じるときは?
    どんな案件でも、未だ世の中に無い新しいモノをつくれること。共に働く素晴らしいアイデアマンたちにぶっとんだ妄想をしてもらって、初めて僕の力が発揮できます。僕はその妄想を実現させるため、テクノロジー領域の知識と経験を使って設計を行います。制作過程に関われる部分も嬉しいですが、つくるモノがいつも世の中にはないモノになり、それをつくり上げたときには大きな達成感が得られます。さらに、実際に現場でお客様の喜ぶ姿を見ることができた時は、最高です。
  4. Q4
    一日のスケジュールと協業している人を教えてください。
    企画段階ではプロモーションプロデューサーやイベントプロデューサー、コピーライターとのやりとりが多く、打ち合わせで固めた内容を一つの資料として仕上げていきます。技術的な説明が必要な場合は、得意先のところまで同行もします。この段階では忙しくないことが多く、朝は10時頃出社して夜は19時頃に退社しますが、制作に入ると、インタラクティブプランナーやエンジニアと1日中作業になる場合が多いです。見せられるモノができると、ディレクターとの打ち合わせもあります。
  5. Q5
    仕事のモチベーションアップアイテムを教えてください。
    ストリーミング配信音楽サービスのプロモーション案件が評価され、いただくことができた社長賞とその経費でチームみんなと購入したヘッドホンです。賞は自分のデスクに飾っていて、毎日見るたびに「来年も取ってやろう」と思っています。ヘッドホンはちょっと高価なものでかっこいいので、毎日愛用しています。周りの後輩たちにも羨ましがられているので、後輩たちのモチベーションアップにも繋がっているような気もしています。
  6. Q6
    あなたの仕事を象徴する、こだわりのモノ・コト・トキは?
    案件によってつくりモノが毎回違うので、使う道具が違ったりしますが、2016年は半年以上写真に写っている道具を使っていました。まだ世に出回っていない新技術「銀ナノインク」で印刷された電子回路を使った案件で、コンプレッサーから送られてくる空気を使って注射器から接着剤を出し、LEDを固定している様子です。何を作るかの後にどう作るかを考え、実際作るところまでやるのが、僕らしい部分かと思いました。
  7. Q7
    3年後の目標は?
    企画と制作をつなぐ“最高級潤滑油”。難しい話を分かりやすくすることで、得意先だけでなく、プロジェクトメンバーも安心させられるようになれたらいいなと思います。日々更新されていく、テクノロジーの分野では、新しい知識や技術の習得は必要不可欠になるため、テクノロジーの展覧会はもちろん、いろんなところにアンテナを張って生活しています。「尹さんと仕事したら、楽だった」とか「また仕事したい」などは、最高の褒め言葉です。
  8. Q8
    今、ハマっていることや休日の過ごし方を教えてください。
    奥さんと一緒に家の中をDIYすることと、猫の世話をすることです。奥さんは小物専門で、僕は大きい作業専門です。写真に写っている部分は年末年始でやったDIYで、もともと白かった床の上に床材を引いたり、壁全体を使ったキャットタワーを作ったりしました。キャットタワーは、パンチングボードに黒板になるペンキを塗って2×4木材に固定したものです。猫の足場になる板をいつでも気軽に変えられるようになっていて、猫が飽きることなく遊べます。
  9. Q9
    就職活動をしていた頃の自分へ、今アドバイスをするとしたら?
    「何かひとつのプログラミング言語を突き詰めなさい」です。今もそうなのですが、学生時代は、とにかくいろいろなモノや分野に興味がありました。つくりたいモノがあると、それに適したプログラミング言語を一から学んで、つくり終わればまた、別のモノに興味が湧いてくる。そのくり返しでした。幅広くさまざまな言語の理論を理解することができましたが、せっかくなので、ひとつくらいはプログラマーのように使いこなせるまで深く、学んでもよかったのかなと思います。
逆GD GROUP DISCUSSION

クリエイティブテクノロジスト職

採用情報
応募資格

2017年4月〜2018年3月に専門学校または4年制大学卒業見込み、または大学院修了見込みで就業経験のない方

エントリー締切日時
通年採用 ※3月1日 (水) より受け付けます
エントリー提出物

下記2点を提出し、エントリー完了となります。

  • Webエントリーシート
  • 作品集
会社説明会

※ご予約は「ENTRY」ボタンをクリックしご登録の上、お願いいたします。
※予約申込期間は各説明会によって異なりますのでご注意ください。

  • 【開催日時】2017年3月29日 (水) 15:00-16:00
  • 【申込期間】3月1日 (水) ~ 3月23日 (木)
  • 【開催日時】2017年4月27日 (木) 17:00-18:00
  • 【申込期間】3月13日 (月) ~ 4月21日 (金)
ENTRY
TOP